日報ブログ

新しいビジネスモデルがあるんだなと感心しました

白川幸司

新規出店の業者さんが来社

本日は、岡山で新規出店をされた業者さんにご来社をいただき、事業案内やどのような活用ができるのかご提案をしていただきました。一般のお客さま向けというよりは、不動産会社や分譲会社向けの新築住宅の商品を取り扱っているとのことで、いろいろな業態があるんだなと思いました。不動産会社での建売住宅の企画や、土地とセットで建築条件付き売建の企画、一般的な注文請負もできるということで、ひととおり説明を受けさせていただきました。県外ではすでにニーズがあり、岡山方面でもご相談をいただくことが多く出店をされたとのことでした。

あくまでもBtoB、業者間での提携となるので、ローコストを売りとしていて卸値は一般公開せず、販売価格は提携会社が値付けするというのも、新しいビジネスモデルだなと感心しました。

ニーズがあれば紹介はありかも

まだ実際に建物も見たこともなければ仕様もわからない部分があるので、なんとも言えませんが、ローコストで設備などのグレードは一般的な建売住宅よりも頑張っているということと、間取りなどは完全注文が可能ということでしたので、建売住宅の予算で少しオーバーしてもいいので、ある程度の間取りを叶えたいというお客さまのニーズがあればご紹介するのはありかもと思いました。

ただひとつ懸念点がありそうなところが値付けです。他社さんの事例を聞いていて、それはお客さまの足元を見た戦略だなと思ってしまうところも正直ありました。この業界は、紹介料といった慣習が少なからずありますし、取引先が決めていることでしたらいいと思うのですが、自社で価格もコントロールするとなると、儲けに走ることもできそうな気がします。もしも協業させていただくとなれば、当社は当社のルールをしっかりと定めて、お客さまにもご納得いただける仕組みが必要だと思いましたし、そうしていくべきだと思いました。

ABOUT ME
白川 幸司
白川 幸司
代表取締役/宅地建物取引士
開業してから3年が経過し、市場やお客さまから求められることも変化していく中で、小さな不動産会社だからこそできることに挑戦していこう、と日々奮闘しております。 「業界を変えたい」といった大きなことは身の丈に合わず言うつもりもありませんが、「あたりまえのことを、あたりまえに。」をテーマに、業界の慣習にとらわれることなく、お客さまをはじめ、取引関係者さまとも三方良しの良いお取引きをさせていただけるよう、日々の営業活動に努めております。
記事URLをコピーしました